日本LGBTサポート協会の活動レポート

【無料】出逢いと人生について考えるオンラインイベント

 

同性婚訴訟では、日本を代表するMarriage For All Japan様主催の
協会との奇跡のコラボオンラインライブです!!!

ご縁をいただいたMarriage For All Japanの時枝様のナビゲーターにて、

国内で和の挙式やお墓等、マイノリティの方への理解深く
メディアでも有名なお寺を主宰される千田様、佐竹様、
LGBTウエディングを手掛ける七崎様とのトークセッションです

協会代表理事の、松村が登壇します!
オンラインにて無料配信ですので、是非ご参加ください

ーーーー

同性カップルを家族として認めるパートナーシップ制度も
全国に広がっており、
 いま日本は大きく動きつつあります。 

「自分らしく生きる」ために必要なパートナーを探す場、
パートナーと愛を誓い合える場がこの協会を含め、
現実に出来ています。

 実際に同性結婚式が挙げられるお寺や教会、
セクシュアルマイノリティの出逢いをサポートする取り組みなどが
少しずつ広がってきています。
  

URLを是非とも保存ください!!
応援よろしくお願いします

◆日時 9月26日(日)17時〜18時
◆形式 オンラインイベント(YouTube配信)・無料
◆視聴URL https://youtu.be/ydrsYT5velE

【登壇者】
◆時枝穂さま https://www.marriageforall.jp/
(一般社団法人 Marriage For All Japan − 結婚の自由をすべての人に)
◆千田明寛さまhttps://saimyouji-wedding.com/
(瑶光山 真日院 最明寺 副住職)
◆佐竹英信さまhttps://orizurukyuzoji.com/
(浄土真宗本願寺派(西本願寺)馬乗石山 久蔵寺 住職)
◆七崎良輔さま https://juerias.wixsite.com/juerias-lgbt-wedding
(合同会社Juerias LGBT Wedding共同代表)
◆松村寿代 https://lgbt-japan.com
(一般社団法人日本LGBTサポート協会 代表理事)

lgbtの婚活開始?婚活ランクコム様より取材を受けました!

 

【婚活ランクコム】様が取材をしてくださいました!

いよいよ、色々なところで、一般社団法人日本LGBTサポート協会
の活動の拡散がはじまって我々の活動情報が必要な方に届くと良いなぁと
感じています

会員様も少しずつ登録が始まっております

 

婚活ランクコムの記事を取材してくださった松本様は大変丁寧に、
そして真剣に耳を傾けてくださいました

 

なぜ発足したのか?

 

というところがこれまでにも
一番よくされる質問です

 

人生レベルの出逢いを求めていて、生涯のパートナーが
必要な方、でも出会い方がわからないような方、
の窓口になりたいと思っています

 

取材|日本LGBTサポート協会・同性婚専門のご縁を取持つ組織

 

よかったら読んでみてください♪

 

婚活ランクコム様
ありがとうございました

 

気になる方は、お近くの仲人様のご紹介も可能ですので是非
お問い合わせくださいね

 

記 松村

同性婚を認めないのは、違憲とした判決に

皆様、こんばんは!もう真夏のような沖縄から仲原がお届けします。

今日は大変、勇気づけられると言いますか、画期的な裁判の判決となったニュースが飛び込んできましたね。

(以下、毎日新聞ネットニュースより引用です)

「同性同士の結婚が認められないのは婚姻の自由を保障した憲法に違反するとして、北海道内の3組6人の同性カップルが国を訴えた裁判で、札幌地裁は3月17日、原告の賠償請求を退けた上で、「法の下の平等」を規定した憲法に反するとしました。」

「同性婚不受理は違憲」 札幌地裁が初判断 賠償請求は棄却

 

当協会の講師、かずえちゃんもYouTubeにて、この判決に、言葉一つ一つを噛み締めながら

「凄く嬉しいと思いました。」と、涙したのに私も思わず「良かったね」と、涙ぐみ、

ここまでくるのが本当に大変なことだったんだなと思い知らされました。

https://www.facebook.com/100040463093470/posts/477488550276577/

この判決をまさに、当事者のみなさんや支援をする私たちにとっても、大きな大きな1歩だと確信しました。

地裁の判決ではありますが、このような活動が大きなうねりとなり、「婚姻の自由、同性同士の結婚を認めよう!」

と、社会全体で堂々と発信する世論を味方に。そして、大きな励み、原動力になるんだと実感しています。

まだまだ、国会での議論が乏しく、「憲法改正が先じゃないか。」といった意見も様々ですが、まずは、このように

「動く、発信する、活動する」という小さな積み重ね当たり前のことが、必要で大事なんだと思います。

私たちは、当事者のみなさんの後押しになる支援体制を整え、寄り添っていきたいと切に思っております。

ぜひとも、「誰もが自由な婚姻ができる社会へ」思いを実現させましょう。

そう、遠くはない理想だけに終わらせないためにも・・・・・・

記事担当:仲原

 

 

沖縄県が「性の多様性尊重宣言」案を公表し意見募集も

皆様、お世話になります。沖縄で活動をしております理事の仲原です。

さて、沖縄県では、「沖縄県 性の多様性尊重宣言」に向けて取り組んでいるとのことです。

「性の多様性尊重宣言」案が公表され、宣言(案)について幅広く、多くの皆様からの意見を募っているそうです。

 

沖縄県性の多様性尊重宣言に関する意見募集について

沖縄県では、すべての県民の尊厳を等しく守り、個々の違いを認め合い、互いに尊重しあう共生の社会づくりを目指すために、様々な取組、活動を民間、行政を踏まえ行っております。

沖縄県の調査(以下引用)によると、性の多様性について、7割以上の方が「性的少数者を性の多様性として認める必要がある」や「理解に努めようと思う」など、肯定的な意見を持っているという結果が出ており、県民の性の多様性に関する認知や理解が一定程度進んでいるそうです。

しかしながら、一方では、LGBT の方々が困難を感じる場合として6割以上の方が「差別、偏見がある」と回答し、自分の性や性的指向に悩んだことがあると回答した方においては、76%の方が「差別、偏見がある」と回答しており、依然として当事者が生きづらさを感じている現状があると示しております。

県によりますと、この宣言が実現すれば都道府県では初となるようです。

ぜひとも「誰もが平等で自分らしく、生きやすい社会への実現に向けて」

当協会におきましても、少しでもお役に立てればと、宣言案につきまして意見をしていこうと考えております。

記事担当:仲原

沖縄県の高校で「多様性 取り組み学ぶ キャリア教育」

皆様、はじめまして!

沖縄で活動をしております。理事の仲原です。どうぞよろしくお願いいたします。

去った、2020年9月23日に沖縄県の陽明高校にてキャリア教育の一環として、講話を行いました。

 

【2020年10月10日の琉球新報】にて「多様性 取り組み学ぶ 陽明高校でキャリア教育」

https://www.47news.jp/localnews/5359280.html

(記事掲載は、琉球新報様より許諾いただいております)

沖縄県の結婚支援事業の受託者として、県内の婚活事情や支援内容の他、

SDGsが掲げるジェンダー平等、そして、多様性について考えるきっかけになって欲しいと

生徒さんへLGBTについてのお話もさせて頂きました。

今後は教育の現場でも、多様性やLGBTについて知識を深めていける活動も行っていきたいと

思います。

 

記事担当:仲原

Contact

お問い合わせ

お電話はこちらから

協会員を募集しています

全国の結婚相談所、仲⼈業のみなさま

私たちとともに活動してくださる協会員(サポーター)を募集しています

協会員募集