日本LGBTサポート協会の活動レポート

LGBTを尊重する寺 その思いとは

ハイタイ!(沖縄の方言でこんにちは)沖縄より理事の仲原です。

多くの皆様から第1回目のLGBT本研修への参加表明、ありがとうございます。

先日、沖縄のマスコミでも取り上げられていました「LGBTを尊重する寺 その背景とは」ということで、県内でも初の試みとしてLGBT等の「パートナー墓」を新たに設けた、宜野湾市の普天間山神宮寺へ見学と情報共有をさせて頂きました。

実は、普天間山神宮寺は昨年から性的少数者に開かれた「LGBTフレンドリー寺院」として、性の多様性尊重を示すレインボーフラッグを入り口に掲げています。

金城住職は、「仏教はLGBTの存在や権利を認めている」と強調し、取り組みは県内約20の寺院でつくる県仏教会の中でも初とみられ、性的少数者らにも好評だそうです。

仏は男性と女性の両性を備え持つとされていて、また「観音」は「音を観る」という意味で、「心の悩みや願いを聞き入れる」と言われているそうです。

金城住職は、性的少数者が仏の姿を自分と重ね合わせ「安心してお参りし、心を軽くする場所になれば」と願っているそうです。

(※2020年8月20日 琉球新報より一部引用)

その思いから少子化や核家族化などによる、お墓の後継者不足やパートナー墓など、多様な価値観を尊重して、お墓に入れるよう配慮されています。

LGBT🏳️‍🌈のみならず、選択的夫婦別姓などにも対応したお墓の在り方にもなりそうですね。

金城住職からパートナー墓への思いを伺いました

 

最大2名で入る樹木墓

金城住職の更なる夢は、仏前結婚式だそうで性的少数者をあらゆる場面で祝福していきたいそうです。

当協会としての関わりもそうですが、個人的に私も、ウェディングプランナーや司会者として、ぜひとも携わっていけたら幸いです💕

記事担当:仲原

 

 

 

 

京都で初のレインボーパレードに参加

2021年 4月4日
京都では初のレインボーパレードが開催されました
そらにじ京都さん主催、市役所前〜河原町〜円山公園の
大雨の中のおおよそ200名のパレードとなりました

理事松村と協会スタッフの須藤で参戦!
もうすっかり講演会でファンがたくさんの
かずえちゃんも福井から、もちろん、京都の大久保夫妻
もおいででした

主催者挨拶、京都市長挨拶、
京都市からはパートナーシップ宣誓制度の管轄の
職員さんが皆様で参加されてました
(協会の講演会にもご参加くださいました)

京都の企業、三洋化成さん、大勢参加されていて
パレードを盛り上げておられる様子が温かかったです
かずえちゃんが、三洋化成のダイバーシティ推進部にも
就職しているので、雰囲気もさすがでした

私もこんな会社があったら就職したかったです〜

京都初、そして人生初のレインボーパレードは
色々なご縁をいただきました

実は理事松村の経営する焼き鳥店が河原町すぐなので
かずえちゃん、大久保夫妻、他
終わった後に大勢で立ち寄ってくださいました

講演会でお知らせしていた、本研修の打ち合わせも
お顔を見て色々意見し合うことができて
大変充実した1日となりました

ただ今、30人を超えて申し込みが入っております

追加日程を設けております
順にお一人ずつ対応しております

本研修のお知らせはトピックス記事をご覧ください

協会として同性婚訴訟はじめ、同性婚に対する何か活動
をしているわけではありませんが、
パートナーシップ宣誓制度をこえて、結婚!が普通にできたら良いと
松村は思っております

誰も迷惑しないし、世の中は何も変わらないです
なぜまだ出来ないのかが不思議なくらいです

運命の出会いをたぐり寄せて生涯のパートナーを探したい
と、より強く感じた1日でもありました

パートナーシップ宣誓制度スタートに続く、
京都では初のパレード!

記念すべき瞬間に参加できたことを嬉しく思います

 

記事 松村

同性婚を認めないのは、違憲とした判決に

皆様、こんばんは!もう真夏のような沖縄から仲原がお届けします。

今日は大変、勇気づけられると言いますか、画期的な裁判の判決となったニュースが飛び込んできましたね。

(以下、毎日新聞ネットニュースより引用です)

「同性同士の結婚が認められないのは婚姻の自由を保障した憲法に違反するとして、北海道内の3組6人の同性カップルが国を訴えた裁判で、札幌地裁は3月17日、原告の賠償請求を退けた上で、「法の下の平等」を規定した憲法に反するとしました。」

「同性婚不受理は違憲」 札幌地裁が初判断 賠償請求は棄却

 

当協会の講師、かずえちゃんもYouTubeにて、この判決に、言葉一つ一つを噛み締めながら

「凄く嬉しいと思いました。」と、涙したのに私も思わず「良かったね」と、涙ぐみ、

ここまでくるのが本当に大変なことだったんだなと思い知らされました。

https://www.facebook.com/100040463093470/posts/477488550276577/

この判決をまさに、当事者のみなさんや支援をする私たちにとっても、大きな大きな1歩だと確信しました。

地裁の判決ではありますが、このような活動が大きなうねりとなり、「婚姻の自由、同性同士の結婚を認めよう!」

と、社会全体で堂々と発信する世論を味方に。そして、大きな励み、原動力になるんだと実感しています。

まだまだ、国会での議論が乏しく、「憲法改正が先じゃないか。」といった意見も様々ですが、まずは、このように

「動く、発信する、活動する」という小さな積み重ね当たり前のことが、必要で大事なんだと思います。

私たちは、当事者のみなさんの後押しになる支援体制を整え、寄り添っていきたいと切に思っております。

ぜひとも、「誰もが自由な婚姻ができる社会へ」思いを実現させましょう。

そう、遠くはない理想だけに終わらせないためにも・・・・・・

記事担当:仲原

 

 

Contact

お問い合わせ

お電話はこちらから

協会員を募集しています

全国の結婚相談所、仲⼈業のみなさま

私たちとともに活動してくださる協会員(サポーター)を募集しています

協会員募集